記事一覧

自宅で体験できる 「レコール オンライン カンバセーション」日本語字幕付き新動画 公開 「ダンシング ジュエルズ」(ダンスとジュエリーの共演)をテーマにした、新たな学びの世界


スパニッシュダンサー クリップ(1941年)© ヴァン クリーフ&アーペル パトリモニー コレクション
 
 

フランスのハイジュエリーメゾン、 ヴァン クリーフ&アーペルがサポートする「レコール ジュエリーと宝飾芸術の学校」は、 2021年4月より8月までの間、 ジュエリーの世界を深く掘り下げるレクチャー「オンラインカンバセーション」の日本語字幕付きの動画を毎月公開しています。自宅でもどこでも好きなところで、 まるでサロンにいるかのようなくつろいだ文化的雰囲気を醸し出し、 聴講者を学びの世界へと誘います。



ジャン・ベロ―《Beyond the scene of the Opera》(1889年)カルナヴァレ美術館、パリ  写真© RMN – グラン パレ Agence Bulloz
 
 

日本語字幕付きオンラインカンバセーション動画、 第五弾は「ダンシング ジュエルズ」(ダンスとジュエリーの共演)がテーマ。 レコール講師であり美術史家であるジスラン・オークルマンヌとヴァン クリーフ&アーペル ヘリテージ&エキシビション ディレクターのリーズ・マクドナルドが、 いくつもの時代に渡り多様な芸術に影響を与え続けてきたダンスとジュエリーの関係について深彫りしていきます。 ダンスという広いテーマの中から、 今回は「西洋のダンス」に焦点をしぼります。 ルネサンスの終わりごろから17世紀にかけての時代を基点とし、 より現代的なダンス表現にいたるまでその変遷を追いながら3部構成で展開してきます。
 



バレエ「夜」アポロンの姿をしたルイ14世、パリ、フランス国立図書館 写真© RMN-グラン パレ Agence Bulloz
 
 
最初の章では、 伝説のダンサーたちがその時代に与えた影響について解説し、 ダンスとダンサーたちに多大に感化されたジュエリーの関係性を追います。第二章はバレエとジュエリーの本質的な結びつきをいくつか例を挙げて解説します。 最後の章ではダンスの世界の色やライン、 素材がジュエリーに与えた影響を過去から現在まで検証し、 その重要性を探求していきます。

【関連記事】:https://toushangn472.wordpress.com/

コメント一覧

ファッションギフトモール URL 2021年12月15日(水)12時16分 編集・削除

海外セレブやファッションモデルの最新画像やトレンド情報を毎日お届け!

アイテム続々入荷中! URL 2021年12月16日(木)16時51分 編集・削除

ホリデーコレクションに人気アイテムが花をあしらった限定パッケージで登場