記事一覧

“水面のきらめき”ネックレスや“朝露の輝き”イヤーカフ


カナル 4℃(canal 4℃)からは、"移ろいゆく自然の姿"から着想した女性らしいジュエリーが。ネックレス メンズ「SV(PGc) ネックレス/CZ」は"波打つ水"のようにしなやかな曲線を描くチャームが魅力的。おしゃれな人なら注目したい、"朝露"をみずみずしく輝くクォーツで表現したイヤーカフは9,900円と手に届きやすい価格だ。



モチーフピアス 24,200円
カオル(KAORU)から到着したのは、シグネチャージュエリー「紫陽花」シリーズよりスティーブン アラン別注デザインのピアスとネックレス。毎日身につけられるシンプルな仕立てでありながら、花びらが2枚重なっていたり、指で触れると可憐に動いたり…と細部にまでこだわりが満載。



中央) ネックレス<guiフラワーBOX付き 数量限定品>16,500円
左上から) イヤーカフ 5,500円、イヤーカフ 7,700円、
イヤーカフ(リング) 7,700円、リング 11,000円
プラス ヴァンドーム(Plus Vendome)の新作は、冬の夜空をイメージしてデザインした、ロマンティックなパールアクセサリー。上品な光沢を纏った大粒パールに、星や月のパーツをあしらったネックレスやリングがラインナップする。


【関連記事】:http://bynkta.top/

2021年クリスマスジュエリー、エメラルド&トパーズ煌めく“星”ネックレスやリングな

4℃(ヨンドシー)の2021年クリスマスジュエリーが、2021年10月15日(金)より、全国4℃店舗にて先行予約を受け付け。商品引渡しは、12月11日(土)より順次実施する。

夜空に煌めく星々を主役に



左から)SV(K18YGc) ピアス Feldspar/Tanzanite/Synthetic Ruby/Emerald 22,000円
・SV(K18YGc) リング Feldspar/Topaz 17,600円
・K10YG リング Feldspar/Topaz/Tanzanite/Synthetic Ruby/Emerald 33,000円
・SV(K18YGc) ピアス Feldspar/Tanzanite/Topaz 22,000円
4℃の2021年クリスマスジュエリーのテーマは「Wish the Stella」。夜の空に煌めく星々をモチーフに、クリスマスの空からの贈り物のようなジュエリーを取り揃える。

カラーストーン輝く“星ジュエリー”



K10YG Necklace/Emerald/Tanzanite/Feldspar/Topaz/Synthetic Ruby 39,600円
注目は、北極星をモチーフに、華やかなカラーストーンで仕上げたネックレス。スターモチーフのチャームに、エメラルドやタンザナイト、トパーズなど、カラフルなストーンを散りばめた。



K18YG Necklace/Diamond/Tanzanite/Iolite/Topaz 49,500円
寄り添う二つ星の双子星・シリウスを表現したネックレスも。ブルーグラデーションのストーンを配した大きな星と、ホワイトトパーズが輝く小さな星が、胸もとに煌めきを添えてくれる。

【関連記事】:都市文芸気腕時計

大人の女性の心をくすぐる、ポエティックなカラーストーン【トモコ フルサワ ジュエリー】

昨今ますます注目を集めるカラーストーンジュエリー。ミニマルなデザインが主流の中、多色使いの個性的なクリエイションで注目を集めるのが、トモコ フルサワ ジュエリーだ。

デザイナーの古澤朋子は、上智大学を卒業後、ベルギー・アントワープ王立美術アカデミー􏰀ジュエリー科を首席で卒業。アントワープを制作、パリを発表の拠点にジュエリーデザイナーとしてキャリアを積んだ経歴の持ち主だ。


トモコ フルサワを象徴するのが、複数のカラーストーンを組み合わせたデザインのリングやイヤーカフ。異なるカットのプレシャスストーンが折り重なる様子は、まるでミニマルアートのようでもあり、同時にポエティックな印象も。ファインジュエリー リング大人の女性にこそ相応しい、遊び心のあるジュエリーをエナジャイズアイテムに取り入れて。

カラーストーンの組み合わせが個性的な、トモコ フルサワ ジュエリーのシグネチャーをチェック!


リング〈K18YG、ルビー、スミソナイト〉¥264,000
エメラルドカットのルビーとスミソナイトを組み合わせた、トモコフルサワらしいデザインのリング。ロンハーマンピアス 偽物ひとつとして同じものがない、カラーストーンの魅力を存分に引き出した一本だ。



リング〈K18YG、アクアマリン、ブラックダイヤモンド〉¥286,000
大振りのスクエアカットアクアマリンと、4石あしらったブラックダイヤモンドがモダンなコンポジションを演出。オープンタイプのリングは、快適な着用感も魅力。

【関連記事】:深く流行青い陶磁器評定す

2021冬“ご褒美ジュエリー”、2WAYチェーンネックレスや大人女性に捧ぐハートのリング

2021年冬の限定ジュエリーが登場。2021年10月31日(日)まで先行予約を受け付け、11月1日(月)から12月31日(金)までの期間・数量限定で販売される。

“つながり”を象るeteの2021年冬限定ジュエリー


eteが2021年冬に用意するのは、“ハーティー(Hearty)”をテーマとする、人と人のつながりを象るような心温まるジュエリー。纏うだけで“ご褒美感”を感じられるようなネックレス、リング、ピアス、イヤーカフなど豊富なラインナップが展開される。ファッション イヤリング&ピアスクリスマスプレゼントとしても最適なので、1年間頑張った自分に、大切な彼女へのプレゼントに選んでみては。

チェーンが“つながる”マルチウェイネックレス&リング


上から) ネックレス(K10YG、ブラウンダイヤモンド、淡水パール) 26,400円、37,400円
二連リング(K10YG、シャンパンクオーツ) 40,700円
まず注目したいのは、メインコンセプトである“つながり”をかたちにしたリングとネックレス。2本セットのリングは一部がチェーンになっており、アーム同士を繋いで使用することができる。

小ぶりのパールやダイヤモンドがアクセントとなるネックレスは、2種類のチェーンが切り替わるデザイン。2連のネックレスは好きな箇所で留めることができるのでロングでもチョーカー風でも楽しめる。

“大人の女性に捧ぐ”ハートのスキンジュエリー


左から) ピアス(K18YG、ダイヤモンド) 39,600円
チェーンリング(K18YG、ダイヤモンド) 19,800円
ネックレス(K18YG、ダイヤモンド) 49,500円
可愛くなりすぎてしまいがちなハートのモチーフは、ete流のアレンジで、洗練されたムードを纏った“大人の女性に捧げる”ジュエリーとして提案。

スタイリッシュな縦長シルエットのハートモチーフが揺れるネックレスは、繊細なボールチェーンと組み合わせることで程よくカジュアルに。トップを外せばシンプルなチェーンネックレスとしても使用できる。肌身離さず身に付けられるスキンジュエリーなので、男性から女性へのクリスマスプレゼントとしておすすめしたい。

【関連記事】:ベーシックかつ上品なデザインで、世界中のハイクラスな女性達を魅了し続けるCELINE(セリーヌ)

【MARIHA マリハ】ネックレス、ピアス、ブレスレット

【MARIHA マリハ】ネックレス、ピアス、ブレスレット
上品にきらきらと輝くジェムストーンはまるで理想のライフスタイルそのもの。ハッピーなオーラをジュエリーから手に入れて

光を集めて反射するようカッティングした『プリズム』や、月のように優しい光をカボションカットで表現した『メルティングライト』、薄くカットされた石が肌なじみのよさを生む『オーガニック ジェムズ』など、石の個性に合わせたデザインがそろう。どれも18Kイエローゴールドとのマッチングを考えた上質なストーンをセレクト。

右上から時計回りに/ブレスレット[18KYG×シトリン]¥50,000・ブレスレット[18KYG×スカイブルートパーズ]¥50,000・ピアス[18KYG×ホワイトムーンストーン]¥62,000・ネックレス[18KYG×アメシスト]¥52,000・ブレスレット[18KYG×スモーキークオーツ]¥48,000・ネックレス[18KYG×グレームーンストーン]¥52,000・ネックレス[18KYG×グリーンアメシスト]¥54,000(ショールーム セッション〈マリハ〉)

※文中[ ]内の欧文はYG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、PG=ピンクゴールド、GG=グリーンゴールド、Dia.=ダイヤモンド、PT=プラチナ、SV=シルバーを表します。

MARIHAデザイナーメッセージ
「私自身が欲しいと思える、シンプルで繊細なファインジュエリーや色石のジュエリーをつくりたい。そう思い、渡仏とほぼ同時に〝MARIHA〟を設立しました。

〝花鳥風月〟という日本古来の美意識をテーマに、自然からインスピレーションを得た世界観を大切にデザインをしています。女性にとってジュエリーは特別な意味を持つパーソナルなもの。所作も自然と美しくなるし、キレイなものを身につけることで幸せな気分になる。

女性は上質なジュエリーを身につけると、絶対に変わると信じているので、つけている人自身が美しく見えることはもちろん、長く寄り添えるタイムレスで品のあるデザインを心がけています。

『身につけている方に幸せが訪れるように』と願いを込めたジュエリーたち。香水を纏うかのように、自然に、肌身離さず、お守りのようにつけていただけたらと思っています」


【関連記事】:http://makey4short.top