記事一覧

TASAKIの豪華コレクションが一堂に会する​プレス プレゼンテーションへ行ってきました

パールとダイヤモンドをブランドの2 大エレメントとして、革新的かつ洗練されたデザインを世に送り出し続けるハイジュエラー「TASAKI(タサキ)」が開催するプレス プレゼンテーションへ。TASAKIならではのこだわりに満ちた美の世界をマイナビウエディング プレミアムジュエリー編集部が体感してきました。



今回は、世界各国で活躍するクリエイターたちによる4 つのジュエリーラインをはじめ、TASAKI BRIDAL(タサキ ブライダル)やTASAKI TIMEPIECES(タサキ タイムピーシーズ)など、TASAKI ならではの美を体現するジュエリーや腕時計の最新コレクションが一堂に会する豪華レセプションに参加してきました。



会場に入るとすぐにフィンガーフードとドリンクのコーナーへ案内されたマイナビウエディング プレミアムジュエリー編集部一同。テーブルに見立てたガラスの下にパール(真珠)を絨毯のように敷き詰めたエレガントでラグジュアリーな空間に、気分がキラキラと盛り上がってきました。

プレゼンテーションでは、才能あふれるデザイナーが手がけるジュエリーコレクションや上品なタイムピースなど、見ごたえのあるアイテムの数々を拝見。topkopi.comTASAKIでしか創造することのできない独創的でリュクスなジュエリーを満喫しました。また、エレガントで視認性の高いタイムピースも堪能。そして、最後にもっとも見たかった「TASAKI BRIDAL」をじっくり楽しませていただきました。



ふたりの永遠の愛と歓びを奏でるにふさわしい、強く伸びやかなピアノの音色をイメージした「PIANO(ピアノ)」シリーズからは、TASAKIオリジナルの素材であるSAKURA ゴールドなどを使った、伸びやかさと繊細さを表現したエンゲージメントリングに加え、ダイヤモンドを配したマリッジリングなど、バリエーション豊かにラインアップしていました。他にも、ダイヤモンドを象った、繊細ながらもファセットのきらめきが際立つモダンで気品漂うデザインの「TRAPEZIO(トラペツィオ)」、深く切りこんだファセットがエッジィで印象的な「VALLE(ヴァッレ)」など、TASAKIらしいモード&モダンな存在感を放つブライダルリングが勢揃い。
 



まだ記憶に新しい英王室のハリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式。サセックス公爵夫人となったメーガン・マークルさんが身に着けるものすべてが注目を集めました。ということで、ブライダルに欠かせないアイテムとして、編集部では花嫁憧れのティアラに注目しました。

他にはない独特なデザインとリュクスな輝きを放つ「abstract star(アブストラクト スター)」シリーズのティアラをチェック。夜空に輝く満天の星々を抽象的かつドラマティックに表現した「abstract star」シリーズは、きれいで可愛いだけじゃない、遊び心を求めるおしゃれ花嫁にぴったり。ピアス 位置「abstract star」は、スタイリッシュな印象の中に、フェミニンさが垣間見えるのが魅力です。甘くロマンティックなジュエリーにちょっと苦手意識をもつ感度の高い花嫁をも夢中にするはず。



「abstract star」シリーズには、2本を重ねることで星のフォルムを完成させるようなデザインになっているリングも。少し幅広でシンプルながらエッジの効いたデザインのマリッジリングは、身に着けるだけで手元に視線が集中しそうです。こだわりの強いおしゃれな男性にも選ばれること間違いなし。モードでドラマティックなスターリングをぜひ手に取ってみてください。
 


TASAKI BRIDAL のトップライン、華やかでモダンな「belle bouquet(ベルブーケ)」コレクションから、「bound(バウンド)」のエンゲージメントリングを試着させていただきました。左手の薬指の上で輝くボリューム感がありながら洗練されたデザインのリングは、気品と個性を見事に表現。同時にちりばめられた強いダイヤモンドの輝きに圧倒されました。

日本で唯一、世界最大のダイヤモンド原石供給会社「デビアスグループ」と直接取引できるサイトホルダーの資格を持つTASAKIは、ダイヤモンドを原石から取り扱い、研磨からジュエリー制作まで一貫して自社で行っています。TASAKI ダイヤモンドの圧倒的な輝きとダイヤモンドの美しさを最大限に引き出すデザインは、花嫁を魅了し続けることでしょう。エンゲージメントリングを探している花嫁は、ショップへ足を運んでTASAKI ダイヤモンドの輝きを確かめてみてください。

マイナビウエディング プレミアムジュエリーでは、ダイヤモンドを原石から取り扱うことで世界中に知られるハイジュエラー「TASAKI」のブランドストーリーや名品、婚約指輪、結婚指輪などを公開中です。TASAKIの世界観をぜひお楽しみください。

ブシュロン アイコンコレクション「セルパンボエム」に新作ジュエリーが登場!


1968年、ブシュロン(BOUCHERON)の自由な精神とスタイルで生み出される豊かなコレクションに「セルパンボエム」が加わりました。以来、このコレクションは、今日に至るまで身に着ける人々を魅了し続けています。ゴールドのビーズで縁取られたドロップモチーフ、鱗のようなゴールド細工や光を通してダイヤモンドの輝きを引き立てるハニカム細工、そして繊細なうねりを描くツイストチェーンにより、スネークの神秘的な美しさを表現した「セルパンボエム」は、ブシュロンのアイコニックなコレクションの一つであり続けています。50 年以上にわたり、コレクションを形成する精神は不変のまま、パヴェダイヤモンドや様々なカラーストーンをセットしたコレクションは進化を遂げ、個性を尊重する女性を惹きつける魅力を放ちます。

新作には、3 つの異なるサイズのモチーフが花弁のようにセットされたオープンリングや連なるモチーフを 2 つに切り離し、アシンメトリーに着用が可能なクリエイションも。セルパンボエムを選ぶということは、自分らしさをそのまま受け止めて、大切にしてくれるお守りを身に纏うということ。メゾンの卓越したサヴォワールフェールによって実現した、美しく、神秘的な魅惑のジュエリーで洗練されたモダンなスタイルを叶えます。


マイナビウエディングプレミアムジュエリーでは、ブシュロンのブランドストーリーや名品、婚約指輪・結婚指輪をご紹介。ブシュロンのアイコンコレクション「セルパンボエム」の輝きを堪能して。

【2021年度全米映画俳優組合賞】アニャ・テイラー=ジョイが、ティファニーの眩い輝きを放つジュエリーを身に纏い登場

カリフォルニア州ロサンゼルス(現地2021年4月5日)で開催された、2021年度全米映画俳優組合賞(Screen Actors Guild Awards)にてNetflixドラマ「クイーンズ・ギャンビット」(The Queen’s Gambit)で全米映画俳優組合賞テレビ映画・リミテッドシリーズ部門の女優賞を受賞したアニャ・テイラー=ジョイ(Anya Taylor-Joy)が、ティファニー(Tiffany)の眩い輝きを放つダイヤモンド ジュエリーを身に纏い登場しました。



アニャは70石の様々なカットが施されたダイヤモンドがあしらわれた合計26カラットを超えるネックレスをはじめ、ダイヤモンド ピアスやエメラルド カットが施された7カラットのダイヤモンド リングなどを着用しました。


マイナビウエディング プレミアムジュエリーでは、ティファニー(Tiffany)のブランドストーリーや名品、婚約指輪、結婚指輪を紹介しています。セレブが纏うティファニーの輝きを楽しんで。

【関連記事】:人気ののネックレスは、誰もが振り向く魅惑のアクセサリー

自分に似合うピアスの選び方

关键词

自分に似合うピアスを選ぶ際に覚えておきたいポイントを説明します。もちろん好みのものを選ぶに越したことはないですが、似合うアイテムを購入すれば、永く大切に愛用できるはず。顔の形、肌の色、髪型、年齢など、それぞれの特徴を参考に似合うピアスを紹介します。
顔の形
丸顔の人には縦長のものがおすすめです。ダミアーニ コピー縦ラインを強調することで、全体のバランスが取れます。四角・ベース型の人は揺れるものや大振りで目がいくもの、面長な人は横に広いものや丸みのあるものがおすすめ。卵型の人は直付けできるタイプが特に似合います。

肌の色
色白の人は、ホワイトゴールド・ピンクゴールドなど淡い色合いが映えます。石の色もピンクトルマリンなどやわらかい色味がおすすめです。小麦肌の人には、ブラックゴールドや地金などのはっきりした色味の素材が似合います。石の色も濃いものがおすすめ。サファイヤ・ガーネット・ルビーなどを取り入れてみてはいかがでょうか。なお、ピンクゴールドはどんな肌色にも合わせやすい、万能カラーと言われています。
髪型
髪型によってピアスの見え方が変わるため、見栄えするアイテムも変わります。ショートヘアの人にはドロップタイプがおすすめですが、髪型を目立たせたければシンプルなフープ型も良いですね。ブライダルリングミディアムやボブの人におすすめなのは、フープ型の小ぶりなもの。ロングヘアには、存在感のある揺れるタイプが似合うでしょう。

年齢
ピアスで年齢にふさわしい魅力を引き出すために、年齢によっても選び方を変えましょう。例えば20代ならば可愛らしいデザイン、30代ならばシンプルで上品なデザイン、40代以降は高級感のあるデザインがおすすめです。